頭痛に特化した自由施術

筋緊張性頭痛

頭痛と言うと「偏頭痛(へんずつう)」を思い浮かべる人が多くいます。女性特有の周期に起きる頭痛やPC業務中に重たく締め付けられる様な頭痛、目の裏や眉毛あたりが締め付けられる様な頭痛。すべての頭痛を「偏頭痛」と総称して思い込んでいる患者さんも非常に多く存在します。しかし、危険なサインの頭痛から偏頭痛、筋肉の緊張からなる頭痛など様々な原因や要因などで引き起こされる頭痛にも種類があります。


頭のモヤモヤ感とめまい吐き気

この場合は即病院へ

突然ハンマーで殴られた様な痛みを感じやがて意識を失う様な頭痛は重篤で危険です。この場合はくも膜下出血の可能性があり命の危険性があり、命を取り留めたとしても重篤な後遺症が残る危険性があります。頭痛もちの方は定期的に病院に検査に行き脳ドックなどの診察も定期的に受けることをお勧めします。太り過ぎやイビキによる睡眠時酸欠状態、飲酒&喫煙や普段からの血圧乱調などがある方は特に注意が必要です。 

偏頭痛(片頭痛)

一度精密検査を受けてください。

炎症性の頭痛とも言われ頸部や脳神経、頸部頭部の血管が炎症に伴いズキズキと脈を打つような痛みを片方の頭だけ引き起こす頭痛です。片頭痛は光や音によっても悪化す、吐き気やめまいも引き起こします。くも膜下出血の症状にも似ているので一度精密検査(MRI・CT)を受けてください。そしてくも膜下出血の原因でもある脳動脈瘤が確認されなければ当院へ

筋緊張性頭痛

 

後頭部や耳の上眼の裏が締め付けられるような痛みを訴える頭痛は首や肩周辺の筋肉が極度に緊張しその為、心臓から頭にいく血管が阻害され脳内の血液が不足する事で頭痛を引き起こす。頭痛に悩み大きな病院で検査を受けて腫ようや動脈瘤など脳に異変がない場合は痛み止めや筋弛緩剤、ステロイドなどを処方され経過観察で月1回薬をもらいに何年も通院されている方を多く見受けます。基本生活の見直しや当院で頭痛施術により多くの人が軽減あるいは痛みを発しなくなります。私たちプロの目から生活を指摘され改善し肩首回りの筋肉の状態などから全体的に改善していくメソッドを体験してください。当院では◉◉脳神経センターで使用している物理療法機械も使用しています。

長年の頭痛の相談はとびの整骨院へ

湿布や痛み止めはでは誤魔化すだけ